264紅茶
*画像はイメージです



風吹ジュン(ふぶきじゅん)さんがハマっている万能調味料!
中国茶葉料理「お茶酢」と「油揚げの肉詰め」の作り方(レシピ)!


風吹ジュンさんおススメの「お茶酢」と「油揚げの肉詰め」を作ってみよう!

スポンサード リンク



2012年9月26日、TBS『はなまるマーケット』はなまるカフェで、中国茶葉料理「万能調味料」として風吹ジュン(ふぶきじゅん)さんが紹介



風吹ジュン(ふぶきじゅん)さんが教える、お肉料理に合う万能調味料「お茶酢」と「油揚げの肉詰め」!


万能調味料!
『お茶酢』の作り方(レシピ)



【お茶酢の材料】

・市販の酢    500㎖   
・ジャスミン茶葉(お茶なら何でもOK) 2g  
・塩       3g
・砂糖      10g


【作り方】

材料を軽く混ぜて約1週間くらい放置し、味がなじんだらできあがり!



中国茶葉料理
『油揚げの肉詰め』の作り方(レシピ)



【油揚げの肉詰めの材料】

・油揚げ      2枚   
・豚ひき肉     150~200g  
・中国茶(梅家塢茶(ばいかうちゃ)) 2g
・黄山菊(こうざんぎく)の花びら   2g
・塩        ひとつまみ

*豚ひき肉は鶏ひき肉でもOK。
*中国茶は何でもOKだそうです。
*黄山菊は中国茶のお店で購入できます。


【作り方】

①油揚げ2枚を半分にカットし、表面の油をキッチンペーパーなどで軽く拭き取ります。


②ボウルに豚ひき肉(鶏ひき肉でもOK)に、中国茶と黄山菊の花びら、塩を混ぜてしばらく置いておきます。
(*黄山菊は、お湯で戻して透明感が出てからほぐして入れる)


③寝かせておいたお肉を油揚げに詰め、つまようじで口を閉じます。


④オーブントースターに並べ、強火で7分焼いたら、下に落ちた油を軽く拭って裏返してさらに7分焼きます。


⑤串を刺してみて、透明の肉汁が出ればできあがり!



『油揚げの肉詰め』に『お茶酢』をかけて召し上がれ~♪






風吹ジュンさんは、いろんな料理にお茶を使っているそうで、お茶は魚や肉の嫌な臭いを消してくれると言っていました。




【お試し】明前梅家塢龍井 5g



茶葉でなくて、淹れたお茶(日本茶でも番茶でもOK)をお魚やお肉にザバッとかけるだけで臭いが消えるので、下ごしらえの時にちょっとお茶に浸けてから焼いたりしているのだそう。そうすることで、フワッとして、酵素の役目もあるのだとか。



中国茶じゃなくても日本茶でも何でもOKというのが手軽で嬉しいですね。ハーブのような役割をしてくれるのかな?



「梅家塢茶」のお取り寄せはこちらから
【Yahoo!ショッピング】梅家塢茶

【楽天市場】梅家塢

【amazon】梅家塢


「黄山菊」のお取り寄せはこちらから
【Yahoo!ショッピング】黄山菊

【楽天市場】黄山貢菊

関連記事