ぼうしパン
photo by mitamura
*画像はイメージです



高知県民のソウルフード!


広末涼子(ひろすえりょうこ)さんが好きなパンは、「ぼうしパン」

スポンサード リンク


2012年9月10日、しゃべくり007で、広末涼子(ひろすえりょうこ)さんが『好きなパン』として紹介。



ぼうしパン
(*高知名物ぼうしパンの元祖<永野旭堂本店>の「ぼうしパン」)


<ヤマテパン>の「ぼうしパン」 1個 150円
(*スタジオで紹介されたぼうしパンの、高知県内での販売価格)


「ぼうしパン」は、高知県内ではポピュラーな、帽子のような形をしたおやつパンで、高知県内のパン屋さんでは必ずといっていいほど販売されている菓子パン。


昭和30年頃に<永野旭堂本店(ながのあさひどうほんてん)>が作り始めた、丸いふわふわのパンの上にカステラ生地が帽子のツバのようにかぶさっているパンで、メロンパンにのせるビスケット生地をカステラ生地で試したことから誕生したのだそう。


広末涼子さんが子どもの頃から食べている慣れ親しんだぼうしパンは、真ん中がふわふわ、まわりのツバの部分がサクサクの甘いパン。


広末さんはプレーンだけしか知らなかったそうですが、今は抹茶味やチョコレート味なども作っているお店があるようです。


「子どもが好きだと思います。まわりは甘くてカステラみたい。真ん中はふわふわで」と広末さん。名倉潤さんは「甘い!すごい甘い!カステラよりもうちょっと甘いね。子ども大好きやね、絶対大好きやわ」と。


ぼうしパンは高知ではどこのパン屋さんでも売っていて、スーパーでも販売されているほど高知県民にとってのソウルフード。


私の住んでいる地域にもそっくりのパンがありますが、「ぼうしパン」ではなくて「UFOパン」って呼んでいたような…。まわりの生地が甘くて美味しくって、子どもの頃は真ん中とまわりをはずして別々に食べていましたー


ぼうしパンの元祖のお店である<永野旭堂本店>では、超ビッグサイズ、直径が約40㎝もあるぼうしパンも販売されていて、お取り寄せもできちゃうので気になる方はお試しあれ!カステラ部分が大きくってとっても美味しそうですよ♪



超・ビッグサイズ!ドデカぼうしパンとふつうのぼうしパン2個セット


番組内で紹介された「ぼうしパン」の【お店紹介】

店名 : ヤマテパン 本社工場店

住所 : 高知県高知市南久保16-10

電話番号 : 088-884-9966

FAX番号 : 088-884-9896

営業時間 : 9:00~18:00

定休日 : 日曜日

駐車場 : あり

お店情報はこちらから
ヤマテパン 工場店 - 薊野/パン [食べログ]


大きな地図で見る


「ぼうしパン」の元祖【お店紹介】

店名 : 永野旭堂本店(ながのあさひどうほんてん)

住所 : 〒780-0082 高知県高知市南川添23-14508  

電話番号 : 088-884-9300

FAX番号 : 088-882-9452

お店HP: (株) 永野旭堂本店 ぼうしパン


高知県「ぼうしパン」はお取り寄せ可能です。

「ぼうしパン」のお取り寄せはこちらから
永野旭堂本店 47CLUB店

「ぼうしパン」のお菓子のお取り寄せはこちらから
【楽天市場】ぼうしパン
【Yahoo!ショッピング】ぼうしパン


大きな地図で見る
関連記事