衣笠丼
photo by rhosoi
*画像はイメージです



京都府民が愛する超ミヤビな謎の丼!


京都府のヒミツのごちそう「衣笠丼(きぬがさどん)」を食べてみたい!


「衣笠丼」のレシピ、お揚げが美味しいお店<嵯峨豆腐 森嘉(さがどうふ もりか)>のお店情報も!


スポンサード リンク



2012年7月26日、カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW「特別企画!京都府民の真の姿よう聞いておくれやすSP!」として紹介。



芸妓さんもよばれてはる~
京都のヒミツのお蕎麦屋さんメニュー!?



京都府のヒミツのごちそう 「衣笠丼(きぬがさどん)」
(おかきたでは1人前900円、そば処ひさやでは1人前700円)



京都でお蕎麦といえば有名なのは「にしんそば」。



(*番組内で紹介された京都の老舗<やぐ羅>のにしんです)



一般的にお蕎麦には「七味」をかけますが、京都では「山椒」をかけるのがスタンダードで、なんとお蕎麦にだけでなく、親子丼や天丼、出汁巻き玉子にも山椒をかけて食べるのだそう。



京都のヒミツのごちそうとして『秘密のケンミンショー』で紹介された「衣笠丼」は、刻んだお揚げさん(油揚げ)と九条ねぎを卵でとじた丼。



東京のぺんぺらぺんのお揚げさんと違って、京都のあげは肉厚なので、ダシと馴染んで美味しいのだそう。



肉厚の油揚げといえば、福井県の谷口屋の油揚げがよく取り上げられていますが、あのくらい肉厚でふっくらしているものだったら家庭でも美味しくできるのかも?





実は京都府京都市民は「油揚げ・がんもどき」に対する一世帯あたりの年間支出金額が全国第2位!(1位:福井県福井市、3位:石川県金沢市、4位:奈良県奈良市、5位:滋賀県大津市)



京都市内のあるスーパーでは23種類もの大量の油揚げが販売されており、お惣菜売場には「衣笠丼」が並んでいます。



*大八木淳史さんが「ここのお揚げは最高に美味しくて超有名だ」と言っていた<森嘉豆腐(もりか)>は、HPなどがなかったのでお取り寄せができるのかは不明ですが、店舗紹介を最後に記載しておきます。


「衣笠丼」の作り方



衣笠丼
photo by rhosoi


<京うどん 生蕎麦 おかきた>で、「衣笠丼」の作り方を見せてもらっていました。

①大きな特注品のお揚げを細かく刻み、九条ネギと一緒に昆布とかつおでとったダシ汁に入れ、天丼などに使う丼汁、ザラメを加え火にかけます。

②おあげさんに十分にダシがしゅんだら(染みたら)、丼ご飯の上に具材だけ盛り付けます。

③鍋に残ったダシで卵をとじ、フワトロになったら先程の丼の上にかけて完成。

食べる時は、お好みで山椒をかけていただきます。


「衣笠丼」の由来



1465年創業の老舗お蕎麦屋さん<本家 尾張屋>さんによると、衣笠丼の発祥の起源は不明だが、少なくとも明治中期には食べられていたメニューなのだそう。

「衣笠丼」は、京都の左大文字の金閣寺の横にある「衣笠山(きぬがさやま)」から名付けられた丼で、九条ねぎは木々の緑、お揚げは木の幹、玉子は土、というふうに、京都では名前からも食欲を湧かせるような詩的な名前をつける(雅なセンスがある)、とのこと。



京都では小学校の給食メニューにもなっているほどポピュラーな「衣笠丼」は、大阪などの関西の他地域では「きつね丼」という名前で食べられているメニューだということも発覚していました。



ちなみに京都にも「きつね丼」があるそうですが、京都の「きつね丼」には卵がかかっていないとのことでした。




番組内で紹介された【お店紹介】

店名 : 京うどん 生蕎麦 おかきた(岡北)

住所 : 〒606-8334 京都府京都市左京区岡崎南御所町34   
   
電話番号 : 075-771-4831

営業時間 : 11:00~15:00(LO)
        17:00~20:00(LO) 

定休日 : 火曜日

駐車場 : なし  

お店のHP : 京うどん 生蕎麦 岡北


大きな地図で見る


大八木淳史さんおススメのお揚げのお店【お店紹介】

店名 : 嵯峨豆腐 森嘉(さがどうふ もりか)

住所 : 京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町42 
   
電話番号 : 075-872-3955

営業時間 : 8:00~18:00 

定休日 : 水曜日、第3・4火曜日

駐車場 : 5台あり  

お店情報はこちらから
嵯峨豆腐 森嘉 さがどうふ もりか - トロッコ嵯峨/豆腐料理・湯葉料理 [食べログ]

京豆腐が生まれた場所 [嵯峨豆腐 森嘉] | onozomi.com


大きな地図で見る


谷口屋の油揚げのお取り寄せはこちらから
【楽天市場】谷口屋


関連記事