青梅
photo by labocho
*画像はイメージです



ひんやり高級梅ゼリー
『もらって嬉しい 夏の東京手みやげBEST18』第9位!


<みや野(みやの)>「青梅の蜜煮ゼリー寄せ(あおうめのみつにゼリーよせ)」を食べてみたい!

スポンサード リンク



2012年7月12日、TVO テレビ大阪|和風総本家で『もらって嬉しい 夏の東京手みやげBEST18』として紹介



手みやげ選考委員会は、タレントの山田五郎さんを委員長に、茶道・華道・日本舞踊の先生である渋沢麗扇さん、作家の岩下尚史さんの3人



味はもちろんのことパッケージも含めて、夏のお土産にオススメの東京を代表する逸品の数々をランキング形式で紹介!



第9位
<みや野(みやの)>の「青梅の蜜煮ゼリー寄せ(あおうめのみつにゼリーよせ)」 1個 1,300円(箱代別)




<みや野>の「青梅の蜜煮ゼリー寄せ」は、『もらって嬉しい 夏の東京手土産BEST18』で第9位に選ばれました



<みや野>は、東京都杉並区阿佐ヶ谷に店舗を構える、完全予約制の日本料理店



「青梅の蜜煮ゼリー寄せ」は、この道25年のご主人が作る人気の手土産で、梅の甘さと酸味が涼を演出する一品



まず、火が入った時に全体が破れてしまうのを防ぐため、青梅の表面に串を刺して無数の穴を開け、空気の逃げ場所を作ります



梅に適度に穴を開けることで、煮崩れを防ぎつつ、梅をやわらかく仕上げることができるのだそう



つきっきりで煮続けること6時間、煮上がった梅の形は煮る前と変わりませんが、箸がスッと入るくらいのやわらかさになっています



その青梅を、梅の煮汁で作ったゼリーで寄せれば、目にも体にもひんやり美味しい蜜煮ゼリーの完成です



「青梅の蜜煮ゼリー寄せ」は、夏期限定商品で、予約が必要です



7/12放送の『もらって嬉しい 夏の東京手みやげBEST18』は、第1位 果匠 正庵「黒豆さらさら」、第2位 銀座 松崎煎餅「江戸瓦 暦」、第3位 六雁「白いマカロン」、第4位 東京仁藤商店「絹揚げ」、第5位 銀座千疋屋「フルーツポンチ」、第6位 どすこい酒場 ちゃんこ玉海力「力士味噌」、第7位 おしる古いもり「きなこプリン」、第8位 い津み赤坂「ふくにぎり」、第9位 みや野「青梅の蜜煮ゼリー寄せ」、第10位 祇をん八咫「手まりずし」、第11位 ほり川「マグロの串カツ」、第12位 菓心たちばな「花仙童」、第13位 和味りん「ごま豆腐」、第14位 神楽坂くろす「鯛めし」、第15位 天俊「かきあげさんど」、第16位 桃林堂「生水ようかん」、第17位 松むら「いなりずし」、第18位 あか坂 帰燕「わらびもち」でした


【お店紹介】

店名 : みや野(みやの)

住所 : 〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1-35-23
   
電話番号 : 03-3315-0535

営業時間 : 予約時間からのスタート

定休日 : なし


お店情報はこちらから
Home みや野 - miyano33150535 Jimdoページ

みや野 みやの - 南阿佐ヶ谷/懐石・会席料理 [食べログ]



大きな地図で見る
関連記事