沖縄本島〜伊是名島旅 Okinawa, Izenajima
photo by izuyan
*画像はイメージです



伊是名島(いぜなじま)に住む沖縄県民のヒミツのごちそうは超グロテスク!
アワビより高級!?


沖縄県の秘密のごちそう「ホーミ(イソアワモチ)」を食べてみたい!

スポンサード リンク



2012年7月12日、カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW「沖縄県民のヒミツのごちそう」で紹介


伊是名島(いぜなじま)に住む沖縄県民は「イソアワモチ」という磯に住む軟体動物を自分でとって食べる!?


沖縄県のヒミツのごちそう「ホーミ(イソアワモチ)」


沖縄県民のヒミツのごちそう「ホーミ」とは、磯に住む「イソアワモチ」のことで、房総半島以南の岩礁帯に生息している軟体動物のこと



気になるその食べ方とは・・・



①新鮮なイソアワモチを生きたまま直接鍋に入れ、1時間半しっかりコトコト煮込みます
 煮込むことで、1/3の大きさにまで凝縮されます

②真ん中に包丁で切り目を入れ、丁寧に内臓を取り出し、しっかりと水洗いします

③ネギと味噌を炒め、イソアワモチを加え、味噌になじませれば「イソアワモチの味噌炒め」のできあがり



少し苦みがあり、コリコリ感があって、お酒のつまみに最高なのだそう


苦味はサザエの肝の苦みに似ているとのこと


見た目はちょっとグロテスクで気持ち悪いのですが、食べるとその美味しさで気持ち悪さを全部忘れてしまうのだそう


他の家ではゆがいただけの「ホーミ(イソアワモチ)の刺身」を醤油につけて食べていましたし、「軍艦巻き」にして出すお店もあるそうです


なぜ伊是名島(いぜなじま)でホーミが食べられているのかは不明ですが、少なくとも100年以上前から食べられてきたといいます


ガレッジセールのお二人は那覇出身ですが、那覇では食べていないそうです


伊是名島では結婚式などのお祝い事のときにも「ホーミ」が出されるのだそうですよ


スタジオの試食では「めちゃくちゃ美味い!」と絶賛の嵐でした~

関連記事