Yakisoba
photo by jetalone
*画像はイメージです



山梨のつゆがひたひたで超つゆだくのソース焼きそば!?


山梨県北杜市(ほくとし)のヒミツのごちそう<成駒屋(なりこまや)>の「名代焼きそば」を食べてみたい!

スポンサード リンク



2012年7月12日、カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW「山梨県北杜市のヒミツのごちそう」で紹介


北杜市(ほくとし)に住む山梨ケンミンは、1店舗でしか食べられないのに『ケンミンの心の味』になっている衝撃の焼きそばが大好き!?


山梨県北杜市のヒミツのごちそう
<成駒屋(なりこまや)>の「名代焼きそば」 1人前 700円(大盛り:800円)


<成駒屋>は、山梨県北杜市長坂町に店舗を構え、約50年も続く老舗の食堂


成駒屋の看板メニュー「名代焼きそば」は、ソースがたっぷり入った衝撃の焼きそばで、お客さんのほとんどが注文するという謎の「焼きそば」


麺が全面に主張している、一見、具なしのラーメンではないのか?と思わせるほどつゆだくな「名代やきそば」ですが、その麺の下にはキャベツ、玉ねぎ、お砂糖とお醤油で煮た豚肉が入っています


ラーメンは言いすぎかもしれませんが、あきらかに焼きそばのソースの域を超えているほど「つゆだく」な一品


その衝撃の焼きそばの作り方は・・・



まず、ざく切りにしたキャベツを炒め、そこに玉ねぎと豚肉を合わせます


この玉ねぎと豚肉は、砂糖と醤油で煮込み、一晩寝かせたもの


キャベツ、タマネギ、豚肉の入ったフライパンにラーメンのスープに使う「鶏ガラ野菜スープ」を合わせ、ラーメン用の生麺をゆでた麺を投入し、そこにウスターソースをたっぷり回しかけスープの味を染み込ませます


焼きそばというよりも、ソース煮込みそば?


麺がのびてしまわないように、具材を下、麺を上に盛り付ければ「名代焼きそば」のできあがり


見た目からは濃い味を想像しますが、意外にもさっぱりと食べられるとのこと


「名代焼きそば」は、成駒屋でしか食べることのできない焼きそばなのですが、北杜市に住む山梨県民の心の味になっているのだそうです


つゆがあるのでビニール袋に入れてテイクアウトもできるのですが、家で開封する頃には麺がソースを吸ってしまってビチャッとした焼きそばになってしまうのですが、それもまた良いのだそう



「名代焼きそば」の誕生秘話



蒸し麺ではなく生麺を使っている成駒屋、忙しい時に湯切りがおろそかになってしまった


その湯切りが不十分なやきそばを食べたお客さんが「食べやすい」と言ったので、それからメニューにしたのだそう


スタジオの試食会では「やさしい味」「おいしい」「懐かしい味」「下から具が出てくるのが楽しい」と好評でした


んっ!?「焼きそば」というネーミングですが、そばが焼かれた形跡はないですね(笑)


【お店紹介】

店名 : 成駒屋(なりこまや)

住所 : 〒408-0021 山梨県北杜市長坂町長坂上条2313   
   
電話番号 : 0551-32-2459

営業時間 : 11:30~14:00 / 17:00~20:00

定休日 : 木曜日

駐車場 : あり  


お店情報はこちらから
YBSグルメ なりこまや

成駒屋 - 長坂/定食・食堂 [食べログ]



大きな地図で見る

関連記事