1158らっきょう
*画像はイメージです



本日の極上食材は「らっきょう」と「トトリコ豚」!


鳥取県の「砂丘らっきょう」「ととりこ豚(ととりこぶた)」はお取り寄せ可能です

スポンサード リンク



2012年7月7日、日テレ満天☆青空レストランで、宮川大輔さんとゲストの渡部陽一(わたなべよういち)さんが紹介




鳥取「砂丘らっきょう詰め合わせ」


鳥取県「砂丘らっきょう詰め合わせ」 3,000円
(甘酢漬:330g×2パック、甘酢漬しそ風味:130g×1パック、しょうゆ漬(ピリ辛):130g×1パック)



鳥取県のらっきょうの生産量は全国第2位



鳥取といえば砂丘ですが、その自然環境を生かした砂地での栽培によって作られる「砂丘らっきょう」は、色が白くて繊維が細やか



1軒のお宅でらっきょうの甘酢漬けを300㎏も漬けるというから驚きです!



らっきょうは甘酢漬けだけでなく、らっきょう丼にしたり、らっきょうマリネにしたり、つけ汁(甘酢)でイワシを煮たり、意外といろんなお料理に使えるのです



砂丘らっきょうは食べると良い音が鳴り響き、パリッとした歯ごたえとシャキシャキの歯ざわりが楽しめる、人気のらっきょうです




鳥取「ととりこ豚 番組限定セット」


鳥取県「ととりこ豚 番組限定セット」 3,480円
(鳥取県産豚「ととりこ豚」ロース:250g、バラ:250g)



「トトリコ豚(ととりこぶた)」は、鳥取県西武の霊峰『大山(だいせん)』の麓で育てた鳥取のブランド豚



どんぐり、お米、大豆を食べて育ったととりこ豚は、香り豊かで上質な肉質、そのジューシーな脂の旨さが最大の特徴



焼肉にすると「ととりこ豚」の良質な脂が溶けだし、とろけるような食感に!



「砂丘らっきょう」を刻んでらっきょうの漬け汁におしょう油を加えたタレでトトリコ豚のバラ肉を焼いた「ととりこ豚のらっきょう焼き」も最高に美味しそうでした!






鳥取「砂丘らっきょう」「トトリコ豚」はお取り寄せ可能です


お取り寄せはこちらから
【Yahoo!ショッピング】日テレSHOP 青空レストラン

【Yahoo!ショッピング】日テレShop

【amazon】鳥取 砂丘らっきょう

【Yahoo!ショッピング】鳥取 砂丘らっきょう

【楽天市場】鳥取 砂丘らっきょう


【amazon】ととりこ豚

【Yahoo!ショッピング】ととりこ豚

【楽天市場】ととりこ豚


関連記事